ニキビ・吹き出物にイソフラボン

ニキビ・吹き出物にイソフラボンがプラスに働くのはどうしてなのかをまとめます。

 

エストロゲン不足を補ってくれる

 

女性ホルモン・エストロゲンは排卵前に少しずつ上昇し、排卵時に分泌のピークを迎えます。ピークに達して下降していくまでは女性の肌状態は安定しています。これは、エストロゲンが皮脂分泌過剰にならないように皮脂をコントロールしてくれるからです。

 

過剰な皮脂分泌はニキビの原因のひとつ。ゆえに、皮脂を過剰ではない範囲に抑えてもらえればニキビはできにくいのです。ところが、エストロゲンの分泌量が足りないとコントロールしてもらえません。

 

そこで、イソフラボンです。エストロゲンによく似ているイソフラボンで分泌が足りていないエストロゲンを補えば、おのずとニキビはできにくくなります。

 

生理前の摂取には要注意

 

ニキビや吹き出物というと生理前にできやすい人が多いのではないでしょうか。生理前は、エストロゲンと対をなすもうひとつの女性ホルモン・プロゲステロンが増加します。プロゲステロンは男性ホルモンと似ているところがあり、それゆえに皮脂分泌が増えますし、ニキビ・吹き出物もできたり増えたりします。

 

だったら、エストロゲンに似ているイソフラボンを摂取してプロゲステロンに打ち勝てばいいのでは?そうですね、それが可能なら良かったのですが……。

 

残念ながら、イソフラボンがプロゲステロンと拮抗してプロゲステロンの作用を弱めることはありません。逆に、プロゲステロンの作用を強めることがわかっています。よって、生理前はイソフラボンの摂取はむしろ控えるのが得策です。

 

イソフラボンでニキビ&吹き出物を予防改善するポイント

 

排卵日まではイソフラボンをしっかり摂取。
排卵〜生理まではイソフラボンを控える。

 

これがイソフラボンでニキビ&吹き出物を予防改善するポイントです。

 

排卵日がわからない人は基礎体温をつけると体温の移り変わりでわかるようになります。毎日基礎体温をつけるのが難しい場合は、生理周期などを入力して排卵日や次回生理日を予測するアプリなどを利用すれば楽々把握できます。