イソフラボンと女性ホルモン(エストロゲン)の関係

イソフラボンと女性ホルモンとは『よく似ている』という関係性を持っています。その関係性を掘り下げてみましょう。

 

女性ホルモン2種のうち1種と相似

 

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類あります。イソフラボンは女性ホルモンに似ていると言われますが、厳密には女性ホルモンのエストロゲンと似ているのであってプロゲステロンには似ていません。

 

さて、エストロゲンには卵胞ホルモンといいう別名があります。卵胞とは卵巣の中にある卵子のもととなる物で、選ばれた卵胞だけが成長し、やがて排卵が起きます。

 

卵胞が成長する際に分泌されているのがエストロゲンで、エストロゲンの分泌がピークに達した時に排卵が起こります。

 

つまり、エストロゲンは常に一定量が分泌されているのではなく、排卵に向けてゆるやかに上昇し、排卵後にゆるやかに下降するというサイクルを毎月繰り返しているのです。

 

エストロゲンの分泌が少ない時こそ本領発揮

 

排卵並びに生理は毎月起こるのが正常なサイクルです。が、排卵が起こりにくい人や生理が不順な人もいます。

 

理由のひとつとして、エストロゲンの分泌が少ないというのが挙げられ、そういう場合はイソフラボンの摂取が足りないエストロゲンを補うことに繋がり、排卵が起きる、生理が正常周期になるといった効果が期待できます。

 

しかしながら、エストロゲンの分泌が少ないと自己判断するのも、自己判断してイソフラボンを多く摂取するのも、リスクが高過ぎます。

 

少ないならプラスに働くイソフラボンでも、正常に分泌されているのに不足を補うべく多めに摂取すれば過剰摂取となってマイナスに作用してしまうからです。

 

基礎体温をつけたり婦人科を受診したり、できることをした上でエストロゲンの分泌は正常かどうかを判断しましょう。もしも少なかったなら、その時こそイソフラボンの出番です。

 

女性を輝かせるホルモンに似ているということ

 

エストロゲンは女性を女性らしく輝かせるホルモンです。女性の髪が男性の髪よりもツヤがあって美しいのも、女性の肌が男性の肌よりもキメ細かく美しいのも、女性の体に乳房があってウエストがくびれているのも、エストロゲンの作用です。

 

エストロゲンの分泌が多い排卵までは肌荒れが起きにくいことからも、エストロゲンが女性の味方となるホルモンであることがわかります。

 

そういうエストロゲンによく似たイソフラボンですから、食事やサプリメントで不足しないように心掛ければ、女性としての魅力をより引き出してくれると言えます。