イソフラボンを男性が摂取すると?

イソフラボンは女性ホルモン・エストロゲンによく似ている、となれば、男性が摂取するとどうなるのでしょうか?

 

日本人男性は昔から摂取している

 

女性が分泌するから女性ホルモン、男性が分泌するから男性ホルモン……と考えがちですが、分泌量はそう多くはないものの女性も男性ホルモンを分泌しますし、その逆も然りです。

 

よって、男性にとって女性ホルモンは悪影響とは一概には言えず、イソフラボンもまた悪影響だと言い切れません。そもそも、日本人はイソフラボンを含んでいる大豆製品を昔から摂取しています。

 

豆腐や味噌や納豆や醤油といった大豆製品を日常的に摂取してきた日本人男性特有の疾患があるならとうに話題になっているはずです。よって、大豆製品=イソフラボンを日常的に摂取するぶんには特に問題はないのです。

 

男性にもプラスの効果

 

女性の髪や肌が男性よりも美しいのはエストロゲンの効果です。そういうエストロゲンによく似たイソフラボンを摂取することで、男性でもニキビや枝毛が改善されたというデータがあります。

 

男性の場合、男性ホルモンの作用で皮脂分泌が過剰になってニキビに繋がっていることがあり、そういう場合はイソフラボンで男性ホルモンを和らげてあげることが皮脂分泌の抑制になり、それでニキビが改善します。

 

頭皮の過剰な皮脂を抑える効果もあり、頭皮の皮脂が薄毛の原因になっているなら薄毛の改善も期待できます。

 

摂取過多には女性以上に注意

 

イソフラボンが男性にとってもプラスの効果をもたらすとはいえ、摂取量には女性以上に気をつけなければなりません。

 

もともとエストロゲンを分泌している女性ですら摂取過多になると子宮内膜症の発症率が上がるなどの健康被害が生じるわけで、女性ほどエストロゲンを分泌していない男性は女性以上に摂取過多にならないように配慮してください。

 

摂取過多の状態が続くと男性でも乳がんのような女性に多い病気の発症率が高まると言われています。イソフラボンの美肌・美髪効果の恩恵を受けたいなら、イソフラボン含有率の高いサプリメントではなく摂取過多になりにくい大豆製品を適度に食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。