イソフラボンとは記事一覧

減少した女性ホルモンの代わりとなる効果を持つイソフラボン。ですが、摂取すればするほど良いというわけではなく、そうであるからには、目安となる摂取量を知っておかなければなりません。大豆製品の摂取量で変動イソフラボンの1日あたりの目安となる摂取量を論じる前に……。みなさんは1日あたり大豆製品をどれくらい摂取していますか?イソフラボンはマメ科の植物、特に大豆に豊富に含まれています。ゆえに、大豆製品にもイソ...

イソフラボンと女性ホルモンとは『よく似ている』という関係性を持っています。その関係性を掘り下げてみましょう。女性ホルモン2種のうち1種と相似女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類あります。イソフラボンは女性ホルモンに似ていると言われますが、厳密には女性ホルモンのエストロゲンと似ているのであってプロゲステロンには似ていません。さて、エストロゲンには卵胞ホルモンといいう別名があります。...

イソフラボンは女性ホルモン・エストロゲンによく似ている、となれば、男性が摂取するとどうなるのでしょうか?日本人男性は昔から摂取している女性が分泌するから女性ホルモン、男性が分泌するから男性ホルモン……と考えがちですが、分泌量はそう多くはないものの女性も男性ホルモンを分泌しますし、その逆も然りです。よって、男性にとって女性ホルモンは悪影響とは一概には言えず、イソフラボンもまた悪影響だと言い切れません...

イソフラボンは食べ物からも摂取しやすい成分です。イソフラボンが含まれる食べ物を覚えておけば、意識して摂取することができるでしょう。イソフラボンが含まれる料理イソフラボンはマメ科の植物によく含まれています。マメ科の植物かつ私達日本人に馴染み深い豆と言えば、大豆です。大豆製品は食べやすく、毎日でも食卓に取り入れられます。〜大豆製品の代表例と調理の一例〜豆腐…冷ややっこや湯豆腐で味噌汁…好きな具でOK、...